【Blog】 カンボジアのスープ

今日は美味しいカンボジア料理のお話です。

カンボジアではスープの種類が豊富です。
いろんな種類がある中でも、特に海苔のスープ(サムローチーチャイ)は味わい深く絶品です。

たっぷり入った海苔に豆腐、ひき肉、ねぎを入れ、カンボジアのお土産の定番にもなっている名産品「コショウ」の味をピリッときかせた、スープです。

東南アジア料理というと、レモングラスなどのハーブ系の香りが特徴的な、香辛料を使った強い味付けの料理が、一般的に連想されます。しかし、カンボジアの海苔のスープはあっさりしていてどこか日本を感じるホッとする味です。

カンボジアにも海苔や豆腐を使った料理があることに最初は驚きました。
初めて海苔のスープを見たときは黒いものはなんだ!え!海苔なの!カンボジアにも海苔があるんだ!と衝撃を受けたことを覚えています。

また、日本ではスーパーにひき肉がパックされて売られているものを購入することが当たり前でしたが、カンダール州ウドン地区(ジャパンハートこども医療センターの所在地)ではひき肉が売られていません。
肉の塊が量り売りされていて、包丁で肉を叩き、自分でひき肉にしていくのです。

これがとっても大変で力のいる作業ですが、カンボジア人のひき肉にするスピードの速さにも驚かされます。
病院のスタッフ寮の食事にも、たまに海苔のスープが提供されます。
メニューに海苔のスープがある日にはテンションが上がります!

日本人スタッフも小児がんの子どもたちも好きな人がきっと多い人気のスープ。
ぜひカンボジアに来たときは海苔のスープを飲んでみてください。
きっとあなたも好きになると思います!