【Blog】 ハンモックのお話

今日は、カンボジア人にとって大事なハンモックのお話です。

カンボジアの子どもたちはよく、ハンモックで寝ています。
ハンモックを使うのは地面にサソリや蛇が来ると困るからだと思っていましたが、カンボジア人曰くリラックスできるからだそうです。

昼間はハンモックで、夜は床にゴザを敷いて寝るのが基本ですが、暑いときは夜でもハンモックを使うと風通しが良く気持ちがいいそうです。

またハンモックは小さな子どもを寝かしつけるのに効果的です。
子育ての味方ですね!

確かにハンモックに子どもを寝かせてお母さんが揺らすと子どもはそのうち眠ります。入院中の子どもにもベッドがあるのにわざわざハンモックを使っている人もいます。

木の枝から、柱までどこにでも紐をくくり付けて固定します。カンボジア人は本当に器用です。

ついに最近は電動ハンモックも登場したそうです。
ハンモックが電動で動いて、赤ちゃんを寝かしつけてくれます。
カンボジア人にとって、特に子育て中の家族にとって、やっぱりハンモックは欠かせないんですね。