【Blog】 清掃スタッフのお話

今日は病院で活躍する清掃スタッフのお話です。

「思ったよりも病院がきれいでびっくりしました!!」

ジャパンハートこども医療センターに初めて訪れる日本人のボランティアさんからよく聞く言葉です。

病院で働くスタッフは、医師、看護師などの医療者だけではありません。
清掃、会計、受付、ドライバーなど、さまざまな職種のスタッフが連携して、安心で安全な治療を届けられるように環境を整えています。

清掃スタッフは5人います。
目立つ仕事ではありませんが、大切な役割を担う縁の下の力持ちです。
毎日たくさんの患者さんが訪れるため、朝きれいにしても昼過ぎには病室や廊下、玄関などが汚れてしまいます。

カンボジア人がイメージする日本の病院は、
①良い医療を提供してくれる ②スタッフが丁寧で優しい ③きれい
の3点だそうで、病院をきれいに保つということは衛生面だけではなく、ここが日本の病院としてカンボジアの患者さんたちに安心して治療を受けに来てもらうためにとても大切なことなのです。

「どうしてここで働いているの?」 と彼らに聞いてみたところ、
「患者さんが良くなって、退院するのを見るのが好き!」
「カンボジア人のために建ててくれた病院に貢献したいから!」
と笑顔で答えてくれました。頼もしい限りですね!!

あれ?
清掃スタッフが見当たらないなあ。
と思ったら、決まって外で休憩しながらおやつを食べています。
そんなマイペースで愛らしい彼らですが、これからもよろしくお願いします!