【Blog】 鬼はそと!福はうち!

今日は年に一度の節分の日でした。

そこでいつもは優しい先生たちが、鬼のお面をかぶり、入院中の子どもたち一人ひとりを訪ねていきました。

はしゃぎながら豆を投げる子どもたちもいましたが、

ちょっと怖かったかな?泣いてしまう子どもたちがほとんどでした。

それでも入院につきそうお母さんやお父さんたちは大喜びで、病棟中に大きな笑い声が響きました。

みんなで日本文化を楽しむひとときとなりました。