【Photo】ありがとう、また来てね

 

患者さんではなく、見送られているのはボランティアさん。

日本から毎週たくさんの方が訪れてくれていて、

患者さんやご家族、私たちスタッフも大きな力をいただいています。