途上国の子どもたちへ医療を届けたい。

 

2008年、2人の看護師がゼロから立ち上げたカンボジア事業。

新生児・乳幼児の死亡率が高い深刻な現実と、背景にある国の悲しい歴史を知ったことをきっかけに、

住む場所もなく、地理も言葉もまったくわからないなか、現地調査をスタートさせました。

医師不足は続き、貧しい人々は医療の届かないところにいました。

田舎の農村をまわって診療を開始し、稼働していなかった4つの病院では、

日本で募ったボランティア医師による手術や診療を年に数回、無償で行ってきました。

それでも私たちが救えている命は、まだほんの一握り。

救えるはずの命が“こぼれて落ちていく”瞬間を何度も目のあたりにして、

必要な医療を必要なときに届けたいと、拠点となる病院建設を目指しました。

2015年、寄付サイト“みんなで彩るカンボジア病院”を立ち上げると、

たくさんの人が力を寄せてくれて、2016年には念願の病院が完成。

貧しい人に無償で医療を届けながら、医療者の育成にも力を注いでいます。

さらに今年、小児がんも治療可能となる「子ども病院」を増設しました。

病気で苦しむ多くの子どもたちに医療を届けたいと思います。

この特設サイトをとおして、新しく完成した病院のこと、カンボジアという国や患者さんのこと。

そして、働く私たちの日常や喜び、葛藤などお伝えできればいいなと思います。

あなたがいるその場所と、私たちがいるカンボジア。あなたの寄付と私たちの活動。

一本の線でつないで、喜びや感動を同じ温度で感じていけることを願っています。

 

▶︎さらに興味のある方は、コチラの詳細ページへ