今日はスレイビンちゃんのお話です。 14歳のスレイビンちゃんが首の腫れに気づいたのは2年前。 検査の結果、のどにできるがんと診断を受けました。 まだ、ジャパンハートのこども医療センターが完成する前のことです。 子どもの病 […]

¥0

小児がん病棟の窓に描かれた絵。 誰がどんな願いを込めて書いたのかな。  

¥0

今日は新米カンボジア人助産師、リクスマイがつないだ命のお話です。 ジャパンハートこども医療センターでは、隣接している国立病院(以下、ポンネルー病院)でお産をしたお母さんと赤ちゃんを退院まで受け入れています。 時には赤ちゃ […]

¥0

暑いカンボジアでも、生まれた後の赤ちゃんとお母さんは頭を冷やさないように毛糸の帽子をかぶります。 赤ちゃんは手袋と靴下もしっかりね。  

¥0

人の命は時に強く、そして儚い。 病院の片隅に咲いた、小さな小さな雑草の花。 今日のあなたの想いがあの人に届きますように。  

¥0

学校の制服や、アルバイト・仕事先での作業服など、着用が義務付けられていることが多いユニフォーム。 そもそも、ユニフォームは、なんのためにあるのかご存知ですか? ユニフォームの語源は、ラテン語のunus(1つの)+ラテン語 […]

¥0

お母さんが入院中の1週間、泣かないでよく頑張ったね。 いつのまにかこんなに大きくなって。 さあ、お母さんと会えるよ。  

¥0

  ここで産まれた赤ちゃんの1ヶ月健診の日。 ピリッと張り詰めたナースステーションが、一瞬で和みます。    

¥0

今回は子ども用「聴診器」を紹介します。 聴診器は、心臓の音や肺の音、お腹に問題がないかをチェックする、お医者さんや看護師さんの必須アイテムです。 聴診器を使うことで病気のすべてを突き止めることはできなくても、さらに検査を […]

¥0
【Video】 心を込めて、環境づくりを

ジャパンハートこども医療センターでは、医療者のほかにも、さまざまなスタッフが働いています。 産まれてきたばかりの赤ちゃんや、入院している子どもやご家族にとって、衛生的で清潔であること。 そして、笑顔が絶えない安心できる居 […]

¥0

  優しく、ていねいな日本の心。看護の心。 伝わっているかな。    

¥0

本日は、日本から来てくれるボランティアさんのお話です。 ジャパンハートこども医療センターでは、短期間でのボランティアも可能です。 2016年に日本とカンボジアとの直行便が出航し、最短4日のお休みがあれば、現地で2日間お手 […]

¥0